top

 

 スポンサードリンク

沖縄土産「ちんすこう」の作り方

沖縄の有名なお土産品といえば「ちんすこう」が思い浮かびます。

その起源は15世紀頃の琉球王朝にあります。

当時は「ちんるいこう」という中国風蒸しカステラのことで、現在のような焼き菓子になったのは明治時代に入ってからです。

王朝時代は、貴族しか手に入れることができないような高級なお菓子だったので、その名前も「金(高級な)すこう(お菓子)」または、「珍(珍重された)すこう(お菓子)」の2つの説に由来します。

現在では、ちんすこうは沖縄の代表的なお土産として、誰でも食べられるようになりましたが、今でも伝統菓子として伝えられています。そんなちんすこうは、家庭でも作ることができるのです。


「ちんすこう(プレーン味)」(約10個分)のレシピを紹介します。

1、ラード50g(またはショートニング)は、室温に戻しておきます。薄力粉100gは振るっておきます。


2、ラードをボウルに入れて、ゴムベラでクリーム状になるまで練り、上白糖50gを加えて、均等に混ざり合うまで練ります。


3、振るった薄力粉を加えてよく混ぜ合わせ、まとまってきたら、しっかりと手でまとめます。


4、オーブンを予熱200℃に温めておきます。その間に、生地を3cmくらい球状に丸めて、手の平で暑さ約1.5cmにつぶしたら、オーブンシートを敷いた天板に並べていきます。


5、約200℃に温めたオーブンで、約20分焼き上げたら完成です。

ちんすこうの生地は、水分をあまり含んでいないため硬めで、成形しにくいかもしれませんが、成形前に、よく手で練り上げておくと、成形しやすくなります。

まんまるちんすこう(黒糖きなこ味)
  


沖縄グルメ「ソーキそば」のレシピ

ソーキそば」は、沖縄を代表する料理で有名ですね。

「沖縄そば」と「ソーキの煮付け」が合体した料理です。
ソーキ煮付けは、作るのに時間がかかる料理なので、ソーキ煮付けをたくさん作っておいて、残ったものは、沖縄そばの上にのせれば、「ソーキそば」としてまた活躍します。
それでは、「ソーキそば」(4人前) のレシピを紹介します。


材料と作り方

下ごしらえとして、豚ソーキ骨(アバラ骨の肉)300gを、たっぷりのお湯で茹でて、お湯をいったん捨てます。
ソーキを水できれいに洗い、また約1時間たっぷりのお湯で茹でます。
沖縄そば300gは、湯通ししておき、あさつきは適量を小口切りにします。


1、ソーキは、調味料(だし汁2カップ、にんにく・しょうが各小さじ1、にんじん・たまねぎ各1/2個、しょうゆ1/4カップ、砂糖1/4カップ、泡盛1/4カップ、みりん大さじ3 )で、柔らかくなるまで煮込んだら、火を止めます。


2、だし汁5カップを鍋に入れて温め、塩としょうゆを適量加えて味付けします。


3、沖縄そばを、器に盛り付けて、2の汁を注ぎ入れます。


4、3にソーキ煮付け、あさつき、紅しょうが少々を上に盛り付けたら完成です。


ソーキには、余分な脂肪が付いているので、脂肪を一度茹でこぼすことによって、脂っぽさがなくなり、非常にさっぱりとします。

「沖縄そば」は、小麦粉だけで作られています。
太さは、ラーメンの麺より少し太めです。
中国から伝えられた料理の1つといわれています。

沖縄のスーパーでは、茹でて油がまぶされた沖縄そばが売られているので、それを使う家庭が多いようです。
そばのだしも、さまざまな種類が市販されています。

有名人もたくさん訪れる大人気の沖縄そば店の本物の味を自宅でも味わえます。  


ソーキそば(沖縄)

南国沖縄の食べ物といえば「ソーキそば」を思い出します。沖縄そばの中でも、「ソーキそば」は全国的に有名になりましたね。「ソーキそば」は各地で独自の味付けがあって味を競い合っています。

「ソーキ」って何のことかわかりますか?
ソーキとは豚のあばら肉のことです。俗に言うスペアリブのことです。そのソーキを煮込んだものを沖縄では「そば」の具として上に載せて食べます。私も沖縄に行ったことがあるのですがこれが実に美味しいんです。
とっても素朴でなつかしいというか・・・。

コーレーグースーという唐辛子の泡盛漬けを数滴垂らして薬味にして食べると、いっそうおいしくいただけますよ。

沖縄そば、ソーキそば通販

  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
過去記事
Mobile向けサイトはこちら